ニュース

80歳と90歳以降の成体ペットの主力

  • カテゴリ:業界ニュース
  • 出品者:
  • 出所:
  • 出品日時:2018-06-25 15:31
  • PV:

【概要の説明】今年発表された「2016年中国のペット産業白書」によると、80年代以降と90年代以降はペット消費者グループの65%を占め、80年代以降の消費者グループはペット消費者の50%近くを占めています。

80歳と90歳以降の成体ペットの主力

【概要の説明】今年発表された「2016年中国のペット産業白書」によると、80年代以降と90年代以降はペット消費者グループの65%を占め、80年代以降の消費者グループはペット消費者の50%近くを占めています。

  • カテゴリ:業界ニュース
  • 出品者:
  • 出所:
  • 出品日時:2018-06-25 15:31
  • PV:
詳細
今年発表された「2016年中国のペット産業白書」によると、80年代以降と90年代以降はペット消費者グループの65%を占め、80年代以降の消費者グループはペット消費者の50%近くを占めています。
ホワイトペーパーによると、中国のペットユーザーは、80年代以降の主な消費者、90年代以降の流行、品質に重点を置いた70年代以降、50年代以降/ 60年代の合理的な消費に大別されます。その中で、80年代以降の消費者グループは、ペットが48.4%を占めており、高い購買力を持つペットグループになるという大きな利点があります。主力として、80年代以降と90年代以降が全体の65%を占めました。今後の年齢や収入の増加に伴い、90年代以降のグループは徐々に生活を安定させていきます。この割合はさらに増加する可能性があり、消費の可能性も大きくなります。 。調査によると、ペットの飼い主は月に1〜3回ペットを購入しており、平均月間消費量は500元に近い。彼らが購入するカテゴリーは主にペットフードと消耗品です。その中で、30%以上が1,000元以上の平均年間費用を持っています。すべての年齢層の消費の観点から、80年代以降はヘルスケア製品を購入するのが大好きで、90年代以降は消耗品やサービスを購入するのが大好きです。
ホワイトペーパーには、中国のペット産業は急速な発展の時期を迎えており、2020年には市場規模が2,000億元を超えると示されています。消費者のブランド認知度は徐々に高まり、ペット産業は「爆発の時代」の到来を告げようとしています。 "。 2010年から2014年にかけて、私の国のペット産業の平均年間成長率は50.7%に達しました。 2015年、中国のペット産業の市場規模は約978億人民元に達しました。 2020年までに年平均32.8%の成長率を維持すると予測されており、これは2,000億人民元を超えると予想されています。元人民元マーク。

スマホで確認するにはQRコードをスキャンしてください

関連ニュース

メッセージ

コメントで使われるユーザー名:
メッセージ
説明:
验证码

Copyright @ Weifang Xindu Food Co., Ltd.. All Rights Reserved.   鲁ICP备14022777号-1   Powered by 300.cn 

xindu food