中文版    English  

>
ニュースセンター
>
>
なぜ私はペットを持つべきですか?

资讯详情

なぜ私はペットを持つべきですか?

カテゴリ:
業界ニュース
作者:
出所:
回答者のわずか1%未満は、彼らが圧力を和らげるために沿って自分のペットを選ぶだろうと述べているのは、しかし、コミュニティの調査では、回答者の半分はペットが精神的健康を向上させることができると信じていがあります。精神科医はまた、ペットは人間の精神的健康に良いと指摘している。
 
回答者の約5%がペットを維持することは、精神的健康を改善すると信じている。2004年に行ったコンパニオンアニマル情報センターの調査では、電話ランダムアクセスで600人の大人は、回答者の40%近くが、彼らは多くの圧力に直面したことが示されました有益であるが、回答者の約6%だけがストレスを和らげるためにペットと付き合うことを選択すると答えている。コンパニオンアニマルインフォメーションセンターでは、ペットを飼うことやペットと一緒に行くことのメリットについて、十分な知識がないと考えています。
 
1998十分のオーストラリアとドイツの調査結果は、コンパニオンアニマルを上げることの利点を実証した:犬や猫は、治療のための非ペット所有者の周波数よりも少ない、入院期間がはるかに少ないです、あなたは医療費を大幅に節約することができます。
 
オーストラリアでは、犬と猫の所有者は医師が非飼い主に比べて12%少なく、ドイツでは16%少なくなっています。彼らの平均病院は非所有者よりも少ない32%のままで、同時に、心臓病や睡眠困難を治療する犬や猫の薬の所有者は明らかに非所有者よりもはるかに少ないです。ペットの所有者と非所有者の間の入院には大きな違いがあります。
 
西洋諸国では、医療費は膨大な費用であり、国民総生産の約6%から15%を占めています。したがって、治療の回数を減らしても、多くのお金を節約できます。ドイツでは、1996年の医療支出は3540億ドルで、GDPの10%を占めています。この支出のうち、96%は公的支出である。オーストラリアでは1994〜1995年の医療支出は365億9100万豪ドルで、GDPの8%以上を占めています。この支出のうち、68%は公的支出であり、32%は民間支出である。
 
コンパニオンアニマルを持つ人々の中で、より古いものは、(平均して)これらの人々が他人よりも孤独であるだけでなく、物理的に劣っていることから特に利益を得る。オーストラリアでは、猫や犬を持つ人の60%以上が、医者に会い、薬を飲む時間が、非所有者よりずっと短いです。ドイツでは、犬や猫を持つ高齢者の平均年齢は4.5歳(平均33%)ではなく、年平均3.0人で、 63%の差異)。
キーワード: