ニュース

なぜペットを飼うのですか?

  • カテゴリ:業界ニュース
  • 出品者:
  • 出所:
  • 出品日時:2018-06-25 15:31
  • PV:

【概要の説明】グループ調査によると、回答者の半数はペットを飼うことがメンタルヘルスの改善に役立つと考えていますが、ストレスを和らげるためにペットと仲良くすることを選択すると回答した人は10%未満でした。

なぜペットを飼うのですか?

【概要の説明】グループ調査によると、回答者の半数はペットを飼うことがメンタルヘルスの改善に役立つと考えていますが、ストレスを和らげるためにペットと仲良くすることを選択すると回答した人は10%未満でした。

  • カテゴリ:業界ニュース
  • 出品者:
  • 出所:
  • 出品日時:2018-06-25 15:31
  • PV:
詳細
グループ調査によると、回答者の半数はペットを飼うことがメンタルヘルスの改善に役立つと考えていますが、ストレスを和らげるためにペットと仲良くすることを選択すると回答した人は10%未満でした。精神科医はまた、ペットは人間の精神的健康に良いと指摘しました。
コンパニオンアニマルインフォメーションセンターは2004年に調査を実施し、600人の大人に電話でランダムにインタビューしました。その結果、回答者の40%近くが大きなプレッシャーにさらされていると答えました。回答者の約50%は、ペットを飼うことでメンタルヘルスが改善すると考えています。それは役に立ちますが、ストレスを和らげるためにペットと仲良くすることを選択すると答えた回答者の約6%だけでした。コンパニオンアニマルインフォメーションセンターは、一般の人々がペットを飼い、ペットと仲良くすることの利点を十分に理解していないと信じています。
オーストラリアとドイツでの1998年の調査結果は、コンパニオンアニマルを飼うことの利点を十分に示しています。犬と猫の飼い主は、ペット以外の飼い主よりも治療を求める頻度が低く、病院で過ごす時間がはるかに少ないため、多くの医療費を節約できます。 。
オーストラリアでは、犬と猫の飼い主は非飼い主より12%少ない医師の診察を受けます。ドイツでは16%少ない。彼らは非所有者よりも病院で過ごす時間が平均32%少ない。同時に、犬と猫の飼い主は、心臓病と睡眠障害を治療するために、飼い主でない人よりもはるかに少ない薬を服用しています。ペットの飼い主と非飼い主の入院時間には大きな違いがあります。
欧米諸国では、医療費は莫大な支出であり、国民総生産の約6%から15%を占めています。したがって、治療回数を減らしても、多くの費用を節約できます。ドイツでは、1996年の医療費は3540億ドイツマルクに達し、GDPの10%を占めました。この支出のうち、96%は公的支出です。オーストラリアでは、1994年から1995年までの医療費は36兆5,910億豪ドルに達し、GDPの8%以上を占めています。この支出のうち、68%が公的支出であり、32%が私的支出です。
コンパニオンアニマルを飼っている人の中で、年配の人は(平均して)他の人より孤独であるだけでなく、健康状態も悪いため、より多くの恩恵を受けます。オーストラリアでは、猫や犬を飼っている人の60%以上が医師の診察を受け、非飼い主よりもはるかに少ない薬を服用しています。ドイツでは、犬や猫を飼っている年配の男性が、非所有者に対して年平均3.0回、4.5回(33%の差)医師の診察を受けています。非所有者の平均入院日数は2。2日6。0日(63%の差)。

スマホで確認するにはQRコードをスキャンしてください

関連ニュース

メッセージ

コメントで使われるユーザー名:
メッセージ
説明:
验证码

Copyright @ Weifang Xindu Food Co., Ltd.. All Rights Reserved.   鲁ICP备14022777号-1   Powered by 300.cn 

xindu food